「みかづき」森絵都著

公開日:  更新日:

 60年安保の翌年。千葉県習志野市の小学校で用務員を務める22歳の大島吾郎は、勉強がわからないという子供たちに勉強を教え始め、用務員室は「大島教室」と呼ばれるようになっていた。そんな吾郎に、教え子の蕗子の母親・千明が、一緒に塾を始めないかと持ちかけてきた。千明は戦後の民主主義教育に期待を寄せていたが、講和条約締結後、再び文部省の手によって教育が国家の手に握られようとしていることに強い危機感を持っていたのだ。

 千明の激しい情熱に引きずられるように、シングルマザーの千明と結婚し、共に学習塾を立ち上げる。折よくベビーブームと高度成長の波に乗って、塾は順調に発展していくが、攻めの姿勢を緩めず拡張路線を取る千明と生徒とのつながりを優先する吾郎との違いは、やがて大きな亀裂を迎えるが、2人の教育に懸ける思いは、子供から孫へと3代にわたって受け継がれていく……。

 太陽としての学校教育と月のような存在の塾との60年余にわたる相克の歴史をたどりながら、理想の教育とは何かを鋭く問う、力作長編。(集英社 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る