「人工知能と経済の未来」井上智洋著

公開日:  更新日:

 人間と同じような知的振る舞いをする「汎用人工知能」は、2030年ごろに開発のメドが立つといわれている。汎用人工知能が普及した社会で、経済システムの構造はどう変化し、それによって経済成長や雇用がいかなる影響を受けるかを予測した経済テキスト。

 近年、「ディープラーニング」という技術を用いることによって新たな可能性の扉を開いたAIが、今後、どこまで人間の知的振る舞いを代替できるようになるかを予測。その上で、人間にしかできない仕事はわずかしか残らない未来においては、社会制度の在り方も大きく変革しなければならないと、最低限の生活費を一律に給付する「ベーシックインカム」の導入の必要性を説く。(文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る