「人工知能と経済の未来」井上智洋著

公開日:  更新日:

 人間と同じような知的振る舞いをする「汎用人工知能」は、2030年ごろに開発のメドが立つといわれている。汎用人工知能が普及した社会で、経済システムの構造はどう変化し、それによって経済成長や雇用がいかなる影響を受けるかを予測した経済テキスト。

 近年、「ディープラーニング」という技術を用いることによって新たな可能性の扉を開いたAIが、今後、どこまで人間の知的振る舞いを代替できるようになるかを予測。その上で、人間にしかできない仕事はわずかしか残らない未来においては、社会制度の在り方も大きく変革しなければならないと、最低限の生活費を一律に給付する「ベーシックインカム」の導入の必要性を説く。(文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る