• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人工知能と経済の未来」井上智洋著

 人間と同じような知的振る舞いをする「汎用人工知能」は、2030年ごろに開発のメドが立つといわれている。汎用人工知能が普及した社会で、経済システムの構造はどう変化し、それによって経済成長や雇用がいかなる影響を受けるかを予測した経済テキスト。

 近年、「ディープラーニング」という技術を用いることによって新たな可能性の扉を開いたAIが、今後、どこまで人間の知的振る舞いを代替できるようになるかを予測。その上で、人間にしかできない仕事はわずかしか残らない未来においては、社会制度の在り方も大きく変革しなければならないと、最低限の生活費を一律に給付する「ベーシックインカム」の導入の必要性を説く。(文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事