「生きていくうえで、かけがえのないこと」吉村萬壱著

公開日:

 著者は幼いころ、双子の弟と一緒に寝ていて、弟が目を開いて眠っているのに気づいて驚く。のぞきこむと目が合うのだが、弟はどこか別の世界を見ている。寝床でしゃべっていたとき、ふと静かになったと思ったら、弟が寝息を立てて寝ていた。そのとき、一抹の不安を感じ、弟はどこへ行ったのかといぶかった。著者は3年半前に小説家になったが、いったん目覚めてまた眠りに落ちるときは、自分は既に半ば死んでいるのではないかと思う。眠りというものはこの世ならぬ異界とつながっているに違いない。(「眠る」)

 若松英輔氏の企画で、2人が同じテーマに取り組んでつづった、同じ書名のエッセー集も同時発売。(亜紀書房 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る