「生きていくうえで、かけがえのないこと」吉村萬壱著

公開日: 更新日:

 著者は幼いころ、双子の弟と一緒に寝ていて、弟が目を開いて眠っているのに気づいて驚く。のぞきこむと目が合うのだが、弟はどこか別の世界を見ている。寝床でしゃべっていたとき、ふと静かになったと思ったら、弟が寝息を立てて寝ていた。そのとき、一抹の不安を感じ、弟はどこへ行ったのかといぶかった。著者は3年半前に小説家になったが、いったん目覚めてまた眠りに落ちるときは、自分は既に半ば死んでいるのではないかと思う。眠りというものはこの世ならぬ異界とつながっているに違いない。(「眠る」)

 若松英輔氏の企画で、2人が同じテーマに取り組んでつづった、同じ書名のエッセー集も同時発売。(亜紀書房 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る