「猿の見る夢」桐野夏生著

公開日: 更新日:

 主人公は、女性衣料の製造小売業の財務担当取締役を務める薄井正明・59歳。大手銀行からの出向で、13年前に今の職場にやってきた。

 当初、都落ちかと腐る思いもなくはなかったものの、会社は今や2000億円超の売り上げを誇る大手ファストファッションチェーンに成長。10年来の愛人・田村美優樹と仲良く付き合いつつ、会長秘書の朝川真奈も気になる昨今だが、目下の望みは65歳まで無事に勤め上げ、都内に息子夫婦との2世帯住宅を建てることだ。

 そんな順風満帆な薄井のもとに、社長のセクハラに対する相談が持ち込まれる。社内で生き残るには、どうするべきなのか。難問に頭をひねりながら家の玄関を開けると、そこに謎の女占い師が待っていた……。

「OUT」「柔らかな頬」「東京島」など大ヒットを飛ばし続ける人気作家の最新作。約束された地位、名誉、金、女など、世俗的な欲望に振り回され、右往左往する男の悲喜劇を、辛辣なまでに徹底的に描いている。(講談社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  9. 9

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

  10. 10

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

もっと見る