「猿の見る夢」桐野夏生著

公開日: 更新日:

 主人公は、女性衣料の製造小売業の財務担当取締役を務める薄井正明・59歳。大手銀行からの出向で、13年前に今の職場にやってきた。

 当初、都落ちかと腐る思いもなくはなかったものの、会社は今や2000億円超の売り上げを誇る大手ファストファッションチェーンに成長。10年来の愛人・田村美優樹と仲良く付き合いつつ、会長秘書の朝川真奈も気になる昨今だが、目下の望みは65歳まで無事に勤め上げ、都内に息子夫婦との2世帯住宅を建てることだ。

 そんな順風満帆な薄井のもとに、社長のセクハラに対する相談が持ち込まれる。社内で生き残るには、どうするべきなのか。難問に頭をひねりながら家の玄関を開けると、そこに謎の女占い師が待っていた……。

「OUT」「柔らかな頬」「東京島」など大ヒットを飛ばし続ける人気作家の最新作。約束された地位、名誉、金、女など、世俗的な欲望に振り回され、右往左往する男の悲喜劇を、辛辣なまでに徹底的に描いている。(講談社 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る