「からゆきさん」森崎和江著

公開日: 更新日:

「からゆきさん」とは、九州の西部・北部で使われていた、海外への出稼ぎや、その人々を呼んだ言葉だったが、次第に海の向こうに売られた女たちを意味するようになった。そんな彼女たちの足跡を記録した傑作ノンフィクションの復刻。

 著者がからゆきさんの存在を知ったのは友人の養母・キミとの出会いだった。

 明治29年に天草の牛深(うしぶか)で生まれたキミは、5、6歳のころ「因業小屋」と呼ばれた見せ物の興行主に養女に出され、16歳の時にからゆきとして朝鮮に売られた。その時、一緒になった最年少の少女はまだ12歳だったという。斡旋業者に連れられ海を渡る彼女たちの多くは密航だった。異国に渡った少女たちのその後も綿密に取材しながら、知られざる日本の裏面史をあぶりだす。(朝日新聞出版 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る

人気キーワード