• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本史のなぞ」大澤真幸著

 日本の歴史の特徴は、革命の不在だと著者は言う。大化の改新や明治維新、戦後の民主化も外部からの衝撃に対する反応として生じた社会変動で、内発的な変動と定義する革命とは言えないからだと。

 歴史上、唯一革命を成し遂げたと認定できるのは、鎌倉幕府3代目執権の北条泰時だという。1221年の承久の乱で、泰時は幕府軍を率いて朝廷方を鎮圧。3年後、父の跡を継ぎ執権の座に就いた泰時は、日本社会に初めて体系的な固有法「関東御成敗式目」をもたらした。これこそが泰時を唯一革命家とする理由だという。中国の易姓革命、キリストの革命などを例に革命の構造を分析、なぜ泰時だけが日本で革命を実現することができたのかを考察する。(朝日新聞出版 720円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る