「日本史のなぞ」大澤真幸著

公開日: 更新日:

 日本の歴史の特徴は、革命の不在だと著者は言う。大化の改新や明治維新、戦後の民主化も外部からの衝撃に対する反応として生じた社会変動で、内発的な変動と定義する革命とは言えないからだと。

 歴史上、唯一革命を成し遂げたと認定できるのは、鎌倉幕府3代目執権の北条泰時だという。1221年の承久の乱で、泰時は幕府軍を率いて朝廷方を鎮圧。3年後、父の跡を継ぎ執権の座に就いた泰時は、日本社会に初めて体系的な固有法「関東御成敗式目」をもたらした。これこそが泰時を唯一革命家とする理由だという。中国の易姓革命、キリストの革命などを例に革命の構造を分析、なぜ泰時だけが日本で革命を実現することができたのかを考察する。(朝日新聞出版 720円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る