「日本史のなぞ」大澤真幸著

公開日:

 日本の歴史の特徴は、革命の不在だと著者は言う。大化の改新や明治維新、戦後の民主化も外部からの衝撃に対する反応として生じた社会変動で、内発的な変動と定義する革命とは言えないからだと。

 歴史上、唯一革命を成し遂げたと認定できるのは、鎌倉幕府3代目執権の北条泰時だという。1221年の承久の乱で、泰時は幕府軍を率いて朝廷方を鎮圧。3年後、父の跡を継ぎ執権の座に就いた泰時は、日本社会に初めて体系的な固有法「関東御成敗式目」をもたらした。これこそが泰時を唯一革命家とする理由だという。中国の易姓革命、キリストの革命などを例に革命の構造を分析、なぜ泰時だけが日本で革命を実現することができたのかを考察する。(朝日新聞出版 720円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る