• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「身体が語る人間の歴史 人類学の冒険」片山一道著

「身体主義」の視点から人間の本質に迫る人類学テキスト。

 神をも恐れず、あらゆる動植物を支配し君臨する人間だが、その本性は正真正銘、何の変哲もない動物種で、人間という名前のサルの仲間でしかない。他の動物種と一線を画す人間の特異性を、500万年前の猿人類からさかのぼり解説。ひとつの動物種は普通、その分布域が制約され、ある限られた地域のみに生息する。人間が汎地球的に分布するに至った経緯をたどり、移動を重ねることによって人類は人間になったと説く。哺乳類の特性から逸脱する人間の特性、多様性をこれまでのフィールドワークで得た知見を交えながら紹介し、人間とは何かという難問に答える。(筑摩書房 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る