「身体が語る人間の歴史 人類学の冒険」片山一道著

公開日: 更新日:

「身体主義」の視点から人間の本質に迫る人類学テキスト。

 神をも恐れず、あらゆる動植物を支配し君臨する人間だが、その本性は正真正銘、何の変哲もない動物種で、人間という名前のサルの仲間でしかない。他の動物種と一線を画す人間の特異性を、500万年前の猿人類からさかのぼり解説。ひとつの動物種は普通、その分布域が制約され、ある限られた地域のみに生息する。人間が汎地球的に分布するに至った経緯をたどり、移動を重ねることによって人類は人間になったと説く。哺乳類の特性から逸脱する人間の特性、多様性をこれまでのフィールドワークで得た知見を交えながら紹介し、人間とは何かという難問に答える。(筑摩書房 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード