• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ぶらりぶらこの恋」吉川トリコ著

 音大を出て、ピアノバーのピアノ弾きのるり子は、宗介からプロポーズされる。数カ月前、るり子は店の設備の修理に来た宗介と知り合った。るり子の演奏に感動した宗介は、その後、店に通ってきていたが、プロポーズされるとは思ってもいなかった。

 人生をぶらぶら楽しく生きるるり子は、20年前に失踪した父を見つけることを結婚の条件にして、まずは同棲を始める。以来2年、宗介に「ぶらこ」と呼ばれながら2人は仲良く暮らしていた。しかし、最近、るり子はピアノ教室の生徒・暁生の存在も少々気になる。そんな中、ささいなことで宗介との仲に溝が生まれてしまう。

 ひとところに収まらず揺れ動くるり子と、彼女を見守る宗介を描く切ない恋愛小説。(講談社 680円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

もっと見る