「地上の星」村木嵐著

公開日:

 天草下島を治めていた天草鎮尚は、切支丹になったために弟たちに城を追われ、敵対する志岐麟泉に援軍を頼んだ。

 城は要らないが領地に天主教を根付かせたいという鎮尚の言葉は、麟泉を驚かせる。鎮尚には近隣の武将が狙っている美しい娘、お京がいるが、彼女が幼いころ会ったザビエルは、空の星に導かれて長い航海をしてきたことを語り、「人は地上に降りた星であり、その人を見てしるべとする」と言った。

 やがて肥後の赤井城主、木山弾正の妻となったお京は、司祭のアルメから、日葡(にっぽ)辞書の原稿を守る夫婦を庇護(ひご)してほしいと頼まれる。

 戦国末期に信仰を守った人々を描く歴史小説。(文藝春秋 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る