• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画界、出版界も注目 なぜいまヒトラーなのか?

「野戦病院でヒトラーに何があったのか」ベルンハルト・ホルストマン著、瀬野文教訳

 画家を名乗りながらも売れない貧乏暮らし。親の遺産で食いつないでいた引きこもり同然の若者が、兵卒として参戦した第1次大戦のあと、いきなり右翼の集会で頭角を現す。それがヒトラーだ。

 彼の人生についての研究は山のようにあるが、野戦病院に収容されていた1カ月ほどの期間については詳細不明という。入院の理由は毒ガスによる視覚障害。注目されるのが、傷病兵ヒトラーの治療に当たったのが精神科医だったこと。催眠療法の権威でもあったことから、相当強引な治療も行ったらしい。ヒトラーの場合、強度の妄想症状があった形跡が濃く、治療の過程で激しい恥辱を味わわされることもあったらしい。カルテは戦後、亡命ユダヤ人作家グループの手に渡ったが、それを手にした作家も担当医師も既に物故。

 その間の事情を追ったノンフィクションが本書だが、異色なのは著者。ドイツ国防軍の将校ながら反ヒトラー運動に連座して投獄。戦後はミステリー作家になり、80歳を過ぎて本書の執筆に取りかかったという。(草思社 2500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る