「狂うひと『死の棘』の妻・島尾ミホ」梯久美子著

公開日:

 特攻隊長として島にやってきた男と、由緒ある家柄に生まれた島の娘が、極限状態の中で恋に落ちる。しかし特攻命令はついに下されないまま、敗戦。命を永らえた2人は結婚する。非日常の恋は終わり、結婚生活の日常が続くうち、夫の情事が発覚、狂った妻は昼夜なく夫を責めたてる。

 島尾敏雄の私小説「死の棘」は、ベストセラーとなり、「比類ない愛の神話」との評価を受け、映画化もされた。

 昭和61年、夫・敏雄が死去、その20年後に87歳でミホが没した後、夫婦それぞれの日記、手紙、メモ、草稿など、膨大な資料が残された。ミホの生前、彼女の評伝を書こうと何度かインタビューを試みていた著者は、膨大な未公開資料を精査する機会を得る。そして、感情の起伏まで読み取れる生々しい一次資料の山に分け入り、600ページを超える渾身の評伝を書き上げた。それは「死の棘」の従来の評価をくつがえす深い考察に満ちている。

 開かれた夫の日記には、瞬時に妻を狂った獣に変える17文字が記されていた。なぜ、夫は日記を開いたまま外出したのか。文学的野心のために妻の狂乱を引き起こすことなどあり得るのか。

 妻の憎悪の対象である夫の愛人は、「死の棘」の中で「あいつ」としか呼ばれず影が薄い。著者は実在の「あいつ」が誰であるかを探し出し、複数の関係者への取材を通じて、一方的に「書かれる人」に甘んじていたこの女性に血を通わせる。

「死の棘」は夫の視点で書かれている。「『死の棘』の妻の場合」を書こうとして果たせなかったミホは、この評伝をどう読むだろうか。(新潮社 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る