「世界漫遊家が歩いた明治ニッポン」中野明著

公開日:  更新日:

 19世紀末、交通機関の進展で世界中を旅行する世界漫遊家=グローブトロッターと呼ばれる人々が出現。明治期の日本にも多くのグローブトロッターが押し寄せ、旅行記を残している。その旅行記を読み解きながら、彼らの目に映った神秘の国ニッポンを描き出すノンフィクション。

 明治2年に世界一周旅行の途中で日本に立ち寄り、幕府が肝いりで建設した築地のホテルなどに宿泊したエドワード・プライムをはじめ、明治5年にツアー客を連れて来日したトーマス・クック、金持ちで何度も来日、2年近くに及んだ最初の滞在中に明治天皇と謁見したチャールズ・ロングフェローなど。彼らの旅を追体験しながら、当時の日本の風俗を紹介する。(筑摩書房 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る