「世界漫遊家が歩いた明治ニッポン」中野明著

公開日: 更新日:

 19世紀末、交通機関の進展で世界中を旅行する世界漫遊家=グローブトロッターと呼ばれる人々が出現。明治期の日本にも多くのグローブトロッターが押し寄せ、旅行記を残している。その旅行記を読み解きながら、彼らの目に映った神秘の国ニッポンを描き出すノンフィクション。

 明治2年に世界一周旅行の途中で日本に立ち寄り、幕府が肝いりで建設した築地のホテルなどに宿泊したエドワード・プライムをはじめ、明治5年にツアー客を連れて来日したトーマス・クック、金持ちで何度も来日、2年近くに及んだ最初の滞在中に明治天皇と謁見したチャールズ・ロングフェローなど。彼らの旅を追体験しながら、当時の日本の風俗を紹介する。(筑摩書房 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る