• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「座りっぱなしが死を招く」ジェイムズ・A・レヴィン著、鈴木素子訳

 現代人が1日のうちで立って活動するのは、わずか3時間。8時間睡眠を取るとして、残りの13時間は座って過ごしているといわれている。

 今、世界各国の医療機関では“座りっぱなし”の弊害について調査が進んでいる。その結果、コレステロールの代謝低下や高血圧、骨の軟化、そして心疾患やがんリスクが高まることなどが明らかになっている。中でも深刻なのが、血糖値の上昇だ。食後に座りっぱなしでいると、2時間以上にわたり高血糖状態が続き、血管への大きな負担となる。ランチは会社で弁当を食べ、のんびりと食休みをし、そのまま午後のデスクワークに入るというサラリーマンは、糖尿病の高リスク群ということになるわけだ。

 食後すぐに15分歩けば高血糖は抑えられるが、それでも他の時間を座りっぱなしで過ごせば、寿命は着実に縮んでいく。ルームランナーと机を組み合わせたウオーキングデスクの導入など、米国のオフィス改革なども紹介。立って歩くだけで早死にのリスクを回避できるなら、こんなやさしいことはない。

 今すぐに椅子から立ち上がろう!(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る