「座りっぱなしが死を招く」ジェイムズ・A・レヴィン著、鈴木素子訳

公開日: 更新日:

 現代人が1日のうちで立って活動するのは、わずか3時間。8時間睡眠を取るとして、残りの13時間は座って過ごしているといわれている。

 今、世界各国の医療機関では“座りっぱなし”の弊害について調査が進んでいる。その結果、コレステロールの代謝低下や高血圧、骨の軟化、そして心疾患やがんリスクが高まることなどが明らかになっている。中でも深刻なのが、血糖値の上昇だ。食後に座りっぱなしでいると、2時間以上にわたり高血糖状態が続き、血管への大きな負担となる。ランチは会社で弁当を食べ、のんびりと食休みをし、そのまま午後のデスクワークに入るというサラリーマンは、糖尿病の高リスク群ということになるわけだ。

 食後すぐに15分歩けば高血糖は抑えられるが、それでも他の時間を座りっぱなしで過ごせば、寿命は着実に縮んでいく。ルームランナーと机を組み合わせたウオーキングデスクの導入など、米国のオフィス改革なども紹介。立って歩くだけで早死にのリスクを回避できるなら、こんなやさしいことはない。

 今すぐに椅子から立ち上がろう!(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る