「今日という一日のために」近藤勝重著

公開日: 更新日:

 毎日新聞夕刊の人気コラム「しあわせのトンボ」連載10周年を記念した傑作選集。

 少年時代によく渓谷で遊んだ著者は、ある日、誘われるように川辺に立ち寄り、子供のころのように小石を早瀬に投げているうちに、童心とは無縁の寂しいような虚しいような気持ちになった。人生の風景が変わり、子供のころのように毎日が楽しいと思うことはなくなったと振り返る。一方で、自然とともに過ごすことのない今の子供たちの行く末を案じる「川風に吹かれて」のほか、身近な草花・花木から、定年男たちのその後、無為に過ごしたように見える日に出会った「笑いの天使とともに」など。日常の点景から世相までしみじみとした文章でつづる。(幻冬舎 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る

人気キーワード