「今日という一日のために」近藤勝重著

公開日: 更新日:

 毎日新聞夕刊の人気コラム「しあわせのトンボ」連載10周年を記念した傑作選集。

 少年時代によく渓谷で遊んだ著者は、ある日、誘われるように川辺に立ち寄り、子供のころのように小石を早瀬に投げているうちに、童心とは無縁の寂しいような虚しいような気持ちになった。人生の風景が変わり、子供のころのように毎日が楽しいと思うことはなくなったと振り返る。一方で、自然とともに過ごすことのない今の子供たちの行く末を案じる「川風に吹かれて」のほか、身近な草花・花木から、定年男たちのその後、無為に過ごしたように見える日に出会った「笑いの天使とともに」など。日常の点景から世相までしみじみとした文章でつづる。(幻冬舎 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る