「サイコパス」中野信子著

公開日: 更新日:

 脳学者が最新の知見からサイコパスの脳の謎を解き明かすサイエンス本。

 サイコパスとは、連続殺人犯などの反社会的な人格を意味する心理学用語。彼らは、罪を犯しても反省の色を見せず、そればかりか自己の正当性を主張する手記などを公表する。その外見は魅力的で社交的、会話も抜群に面白いが、関わった人間はだまされ、不幸のどん底に陥れられる。サイコパスは、100人に1人くらいの割合で存在しており、そのすべてが冷酷な犯罪者というわけではなく、大企業のトップなど大胆な決断を迫られる職業の人に多いという研究結果もある。また近年の研究で、脳内器質のうち、他者に対する共感性や「痛み」を認識する部分の働きが、一般の人とは大きく違うことが明らかになっているという。(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る