「私の『貧乏物語』」岩波書店編集部編

公開日: 更新日:

 かつては米屋で米や麦を買うのに米穀通帳というものが必要だったが、出久根達郎の家には米穀通帳がなかった。極貧の生活で米を買ったことがなかったからだ。乾麺を一束買い、3倍にふやかして食べる。それが主食だった。それ以外は道端のツクシ、池のザリガニ、稲田のイナゴを捕って食べた。自分たちの食事と比べるようなものを食べたことがなかったので、粗食だとは思わなかった。イナゴの佃煮が珍味として高価で売られているのを見つけたとき、自分たちはぜいたくをしていたのかもしれないと思った。

 ほかに、近所の家のケチャップを混ぜただけのチキンライスが羨ましかった蛭子能収など、ほのぼのしてしまう36編の貧乏物語。(岩波書店 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る