「私の『貧乏物語』」岩波書店編集部編

公開日: 更新日:

 かつては米屋で米や麦を買うのに米穀通帳というものが必要だったが、出久根達郎の家には米穀通帳がなかった。極貧の生活で米を買ったことがなかったからだ。乾麺を一束買い、3倍にふやかして食べる。それが主食だった。それ以外は道端のツクシ、池のザリガニ、稲田のイナゴを捕って食べた。自分たちの食事と比べるようなものを食べたことがなかったので、粗食だとは思わなかった。イナゴの佃煮が珍味として高価で売られているのを見つけたとき、自分たちはぜいたくをしていたのかもしれないと思った。

 ほかに、近所の家のケチャップを混ぜただけのチキンライスが羨ましかった蛭子能収など、ほのぼのしてしまう36編の貧乏物語。(岩波書店 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る