「骸骨考」養老孟司著

公開日: 更新日:

 ヨーロッパの国々のお墓を訪ねる巡礼シリーズ。第2弾の本書では、南欧3カ国を歩く。

 著者は、日本とは異なる欧州の遺骨の扱いや墓のありように、かねてその身体観の違いに着目してきたという。以来30年以上、考え続けてきたことを念頭に、イタリア・ローマのアッピア街道筋にあるローマ時代の古い陵墓を皮切りに、天井や壁などが人骨で飾られているサンタ・マリア・デッラ・コンチェツィオーネ・ディ・カプチーニ教会の納骨堂や、火薬庫事故の犠牲者をまつるポルトガルのカンポ・マヨールの納骨堂などを巡る。

 物言わぬ骸骨と対峙しながら、なぜこうした施設が造られ、骨を並べるのか、思索を深める。(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る