「骸骨考」養老孟司著

公開日: 更新日:

 ヨーロッパの国々のお墓を訪ねる巡礼シリーズ。第2弾の本書では、南欧3カ国を歩く。

 著者は、日本とは異なる欧州の遺骨の扱いや墓のありように、かねてその身体観の違いに着目してきたという。以来30年以上、考え続けてきたことを念頭に、イタリア・ローマのアッピア街道筋にあるローマ時代の古い陵墓を皮切りに、天井や壁などが人骨で飾られているサンタ・マリア・デッラ・コンチェツィオーネ・ディ・カプチーニ教会の納骨堂や、火薬庫事故の犠牲者をまつるポルトガルのカンポ・マヨールの納骨堂などを巡る。

 物言わぬ骸骨と対峙しながら、なぜこうした施設が造られ、骨を並べるのか、思索を深める。(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る