• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「カズサビーチ」山本一力著

 ペリー来航の8年前に、浦賀に入港を試みた米国の船があった。その名もマンハッタン号。クーパー船長が率いるその船は、マッコウクジラを追って日本近海を航行している途中、嵐に遭って漂流していた日本人水夫22人を発見して救助したのだ。

 船乗りとしては当然の救助活動だったが、大人数の水夫が加わったことで、船内はいきなり食料難に陥る。早く彼らを日本に送り届けようとするものの、鎖国政策がとられている日本の港に近づくということは被弾する危険性がある上に、激しい黒潮の流れに阻まれてしまう可能性も高かった。言葉も通じず、文化も異なる2つの国の境で、マンハッタン号は果たして無事に水夫を送り届けることができるのか……。

 本書は、日本とアメリカの初遭遇の史実を基に描かれた歴史小説。日本が開国するきっかけとなるペリー来航の布石となった史実が面白い。日米双方が異文化を前にして手探りで命のやりとりをする状況が、スリリングに描かれている。(新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

もっと見る