• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「未開社会における性と抑圧」B・マリノフスキー著 阿部年晴・真崎義博訳

 エディプス・コンプレックスが文化に先行した普遍的現象であるとのフロイトの考察を綿密なフィールドワークで否定した人類学者の古典的名著。

 著者が2年間滞在したニューギニアのトロブリアンド諸島では、結婚は一見したところ西欧社会のそれと同じように見えた。だが、両者は全く異なり、彼らは子供は精霊として母親の胎内に挿入されたと考えるため、夫は子供の父親とはみなされておらず、子供に権威を持つのは母の兄弟となる。

 こうした母系制社会と西欧の家父長的社会を比較。性に対する抑圧の性質が、普遍的なものではなく、社会構造の相関物であることを実証的に示し、エディプス・コンプレックスも家父長制社会との関連において理解されるべきものと説く。(筑摩書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る