「未開社会における性と抑圧」B・マリノフスキー著 阿部年晴・真崎義博訳

公開日:

 エディプス・コンプレックスが文化に先行した普遍的現象であるとのフロイトの考察を綿密なフィールドワークで否定した人類学者の古典的名著。

 著者が2年間滞在したニューギニアのトロブリアンド諸島では、結婚は一見したところ西欧社会のそれと同じように見えた。だが、両者は全く異なり、彼らは子供は精霊として母親の胎内に挿入されたと考えるため、夫は子供の父親とはみなされておらず、子供に権威を持つのは母の兄弟となる。

 こうした母系制社会と西欧の家父長的社会を比較。性に対する抑圧の性質が、普遍的なものではなく、社会構造の相関物であることを実証的に示し、エディプス・コンプレックスも家父長制社会との関連において理解されるべきものと説く。(筑摩書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る