• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「若者よ、猛省しなさい」下重暁子氏

 遊ばない、恋愛しない、独り立ちしない。そんな若者だけを叱咤するのではない。元・若者に対しても猛省を促すという。

「若者じゃなかった人なんていません。時代は違えど、みな感性豊かな若者だったはず。ところがいつの間にか世間のモノサシに合わせて、年とともに感性をなくす人が多い。常識に縛られ過ぎだよね。それではしんどいし、つまらない。これは自分も含め、すべての大人に向けた『猛省』本です」

 ベストセラーになった「家族という病」では、美化された家族観の本質をえぐり出し、家族で悩む人の心を解きほぐした。

 本書では恋愛、結婚、旅、子育て、お金、組織について、具体例とともに斬新な策を提案する。重要なのは自立だという。

「男も女も自分ひとりを食べさせていく気概と覚悟が必要です。精神的にも経済的にも自立しなければ、自由は獲得できません。ところが今は親離れも子離れもしない。お互い楽だから。子供は親に甘え、親は愛する子がそばにいて、将来も面倒を見てくれる……なんて、他の動物よりも劣ります。子が親の価値観に反発して乗り越えるのが『成長』なのに、いつまでも信用しているのが不思議。人類は衰弱期に入ったんでしょう。おまけに政治家も変な人が出てきちゃってね、アメリカでも日本でも。世界は滅亡に向かっているとしか思えませんよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る