• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「あなたの人生の意味」デイヴィッド・ブルックス著 夏目大訳

 著者は「ニューヨーク・タイムズ」紙の名コラムニスト。本書はビル・ゲイツが「2015年に読んだ本ベスト6」の筆頭に挙げるなど高い評価を受け、50万部を超えるベストセラーとなった。

 著者いわく、人間の美徳には大きく分けて、履歴書向き美徳と、追悼文向きの美徳の2つがあると。言い換えれば、キャリア志向の野心的な志向と、他人への奉仕と普遍的な真理に従って生きようとするかの違いだ。前者の生き方が主流を占めている現在、もう一度、後者のような生き方を見直すべきではないかと、著者は問いかける。そうした生き方の見本として、米国史上初の女性閣僚フランシス・パーキンズ、第34代米国大統領ドワイト・アイゼンハワー、英国の女性作家ジョージ・エリオット、古代ローマの神学者アウグスティヌスなど10人を取り上げ、それぞれが人生の中でどのように人格を磨いていったのかを詳しく描いていく。

 トランプ流の野心と独善性が席巻している現在、本書は防波堤となり得るだろうか。(早川書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る