「あなたの人生の意味」デイヴィッド・ブルックス著 夏目大訳

公開日: 更新日:

 著者は「ニューヨーク・タイムズ」紙の名コラムニスト。本書はビル・ゲイツが「2015年に読んだ本ベスト6」の筆頭に挙げるなど高い評価を受け、50万部を超えるベストセラーとなった。

 著者いわく、人間の美徳には大きく分けて、履歴書向き美徳と、追悼文向きの美徳の2つがあると。言い換えれば、キャリア志向の野心的な志向と、他人への奉仕と普遍的な真理に従って生きようとするかの違いだ。前者の生き方が主流を占めている現在、もう一度、後者のような生き方を見直すべきではないかと、著者は問いかける。そうした生き方の見本として、米国史上初の女性閣僚フランシス・パーキンズ、第34代米国大統領ドワイト・アイゼンハワー、英国の女性作家ジョージ・エリオット、古代ローマの神学者アウグスティヌスなど10人を取り上げ、それぞれが人生の中でどのように人格を磨いていったのかを詳しく描いていく。

 トランプ流の野心と独善性が席巻している現在、本書は防波堤となり得るだろうか。(早川書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    格差容認、中韓嫌い 安倍4選を支持する強固な3割の正体

もっと見る