「あなたの人生の意味」デイヴィッド・ブルックス著 夏目大訳

公開日:

 著者は「ニューヨーク・タイムズ」紙の名コラムニスト。本書はビル・ゲイツが「2015年に読んだ本ベスト6」の筆頭に挙げるなど高い評価を受け、50万部を超えるベストセラーとなった。

 著者いわく、人間の美徳には大きく分けて、履歴書向き美徳と、追悼文向きの美徳の2つがあると。言い換えれば、キャリア志向の野心的な志向と、他人への奉仕と普遍的な真理に従って生きようとするかの違いだ。前者の生き方が主流を占めている現在、もう一度、後者のような生き方を見直すべきではないかと、著者は問いかける。そうした生き方の見本として、米国史上初の女性閣僚フランシス・パーキンズ、第34代米国大統領ドワイト・アイゼンハワー、英国の女性作家ジョージ・エリオット、古代ローマの神学者アウグスティヌスなど10人を取り上げ、それぞれが人生の中でどのように人格を磨いていったのかを詳しく描いていく。

 トランプ流の野心と独善性が席巻している現在、本書は防波堤となり得るだろうか。(早川書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る