「ビートルズは眠らない」松村雄策著

公開日: 更新日:

 小学校6年のとき、ラジオで「プリーズ・プリーズ・ミー」を聴いて以来、ビートルズに魅せられ続けてきた著者。「生きて行く上でのすべてが、ビートルズにはあった」と語る氏による音楽エッセー。

 1990年、ポール・マッカートニーがソロとして初来日。コンサートの内容もさることながら、中年のおじさんになったポールの髪が長かったことに注目。その姿に、ビートルズが「何をやったって、かまわないんだ。やっちゃいけないことなんて、ないんだ」と教えてくれたことを40代になった自分に思い出させてくれたと記す。その後のジョージの死や03年の「レット・イット・ビー…ネイキッド」まで。今も新たなファンを獲得し続ける伝説のバンドの解散後の4人について熱く語る。

(小学館 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る