「ビートルズは眠らない」松村雄策著

公開日:

 小学校6年のとき、ラジオで「プリーズ・プリーズ・ミー」を聴いて以来、ビートルズに魅せられ続けてきた著者。「生きて行く上でのすべてが、ビートルズにはあった」と語る氏による音楽エッセー。

 1990年、ポール・マッカートニーがソロとして初来日。コンサートの内容もさることながら、中年のおじさんになったポールの髪が長かったことに注目。その姿に、ビートルズが「何をやったって、かまわないんだ。やっちゃいけないことなんて、ないんだ」と教えてくれたことを40代になった自分に思い出させてくれたと記す。その後のジョージの死や03年の「レット・イット・ビー…ネイキッド」まで。今も新たなファンを獲得し続ける伝説のバンドの解散後の4人について熱く語る。

(小学館 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る