「ビートルズは眠らない」松村雄策著

公開日:

 小学校6年のとき、ラジオで「プリーズ・プリーズ・ミー」を聴いて以来、ビートルズに魅せられ続けてきた著者。「生きて行く上でのすべてが、ビートルズにはあった」と語る氏による音楽エッセー。

 1990年、ポール・マッカートニーがソロとして初来日。コンサートの内容もさることながら、中年のおじさんになったポールの髪が長かったことに注目。その姿に、ビートルズが「何をやったって、かまわないんだ。やっちゃいけないことなんて、ないんだ」と教えてくれたことを40代になった自分に思い出させてくれたと記す。その後のジョージの死や03年の「レット・イット・ビー…ネイキッド」まで。今も新たなファンを獲得し続ける伝説のバンドの解散後の4人について熱く語る。

(小学館 630円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る