「政府の隠れ資産」ダグ・デッターほか著、小坂恵理訳

公開日:  更新日:

 本書は「エコノミスト」「フィナンシャル・タイムズ」で2015年度のベストブックの一冊に選ばれ、注目を浴びたもの。

 政府の隠れ資産とは、国や自治体など公共部門が所有する富(パブリック・ウエルス)のことで、空港、港、発電所、公共交通システム、広大な土地、知的所有権などが含まれる。こうした資産を合計すると、超債務国家である日本でも公共資産が負債総額を上回るという。とはいえ、何もしなければ宝の持ち腐れ。管理運営を政治家の手から切り離し、官民双方からなる優秀な人材により資産を最大限有効に運用することが必要だ。本書では、オーストリア、フィンランド、シンガポールといった公共資産の運用改善に成功した例を詳しく分析し、また将来的な改善に向けての青写真も示してみせる。

 折しも、現役総理大臣が関係するとウワサされている「格安」国有地問題が国会で論議されている現在、本書の示唆する方向は緊急的課題として真剣に取り組むべきものとなるだろう。(東洋経済新報社 2800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る