• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「猿蟹 saru・kani」鯨統一郎著

 老人福祉施設で働くみちるは、利用者の蟹江静子が老後のために貯金していた1000万円をだまし取られたと知り放っておけない。詐欺グループは、老人ホームの入居金と偽って金をだまし取っていた。74歳で一人暮らしの静子は、爪に火をともすようにして貯めた虎の子を奪われ生きる気力を失ってしまう。

 老人を食い物にする詐欺グループが許せないみちるは、静子の金を奪い返すために仕事を辞めて動きだす。みちるも、実はかつて悪事を働き金儲けするやからを専門にだます詐欺師だったのだ。みちるは、今はラーメン屋で働く玉田や、ホームレスに転落していた変装の名人・臼井など、昔の仲間を探し出し、協力を求める。

 だましだまされのコンゲーム小説。(小学館 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る