「猿蟹 saru・kani」鯨統一郎著

公開日:

 老人福祉施設で働くみちるは、利用者の蟹江静子が老後のために貯金していた1000万円をだまし取られたと知り放っておけない。詐欺グループは、老人ホームの入居金と偽って金をだまし取っていた。74歳で一人暮らしの静子は、爪に火をともすようにして貯めた虎の子を奪われ生きる気力を失ってしまう。

 老人を食い物にする詐欺グループが許せないみちるは、静子の金を奪い返すために仕事を辞めて動きだす。みちるも、実はかつて悪事を働き金儲けするやからを専門にだます詐欺師だったのだ。みちるは、今はラーメン屋で働く玉田や、ホームレスに転落していた変装の名人・臼井など、昔の仲間を探し出し、協力を求める。

 だましだまされのコンゲーム小説。(小学館 690円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る