• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人生の短さについて」セネカ著、中澤務訳

 著者は古代ローマ時代の哲学者。あの皇帝ネロの教育係、そして補佐役も務めたが、謀反の嫌疑をかけられ自殺を命じられた。その人と思想にふれる入門書。

 表題作は、当時、ローマ帝国の食糧管理官だった義父パウリヌスにあててつづられた一文。生きられる期間はとても短く、しかも、与えられた時間はすばやく過ぎ去っていくと人々は嘆くが、それはわれわれが時間の浪費をしているからにほかならないと説き、多忙な職にある義父に、職から身を引きのどかな生活を送るよう勧める。

 親友に仕事や友人の選び方、運命への対処法などを説いた「心の安定について」、追放され流刑地で暮らす息子を心配する母への手紙「母ヘルウィアへのなぐさめ」の2編も収録。
(光文社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る