「人生の短さについて」セネカ著、中澤務訳

公開日:

 著者は古代ローマ時代の哲学者。あの皇帝ネロの教育係、そして補佐役も務めたが、謀反の嫌疑をかけられ自殺を命じられた。その人と思想にふれる入門書。

 表題作は、当時、ローマ帝国の食糧管理官だった義父パウリヌスにあててつづられた一文。生きられる期間はとても短く、しかも、与えられた時間はすばやく過ぎ去っていくと人々は嘆くが、それはわれわれが時間の浪費をしているからにほかならないと説き、多忙な職にある義父に、職から身を引きのどかな生活を送るよう勧める。

 親友に仕事や友人の選び方、運命への対処法などを説いた「心の安定について」、追放され流刑地で暮らす息子を心配する母への手紙「母ヘルウィアへのなぐさめ」の2編も収録。
(光文社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る