「人生の短さについて」セネカ著、中澤務訳

公開日: 更新日:

 著者は古代ローマ時代の哲学者。あの皇帝ネロの教育係、そして補佐役も務めたが、謀反の嫌疑をかけられ自殺を命じられた。その人と思想にふれる入門書。

 表題作は、当時、ローマ帝国の食糧管理官だった義父パウリヌスにあててつづられた一文。生きられる期間はとても短く、しかも、与えられた時間はすばやく過ぎ去っていくと人々は嘆くが、それはわれわれが時間の浪費をしているからにほかならないと説き、多忙な職にある義父に、職から身を引きのどかな生活を送るよう勧める。

 親友に仕事や友人の選び方、運命への対処法などを説いた「心の安定について」、追放され流刑地で暮らす息子を心配する母への手紙「母ヘルウィアへのなぐさめ」の2編も収録。
(光文社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る