「カリスマフード」畑中三応子著

公開日: 更新日:

 肉と牛乳と米は日本人のカリスマフードである。牛肉は明治政府の富国強兵政策によって導入され、軍隊がいち早く牛肉食を取り入れた。

 明治33年の日本人1人当たりの年間畜肉消費量はわずか912グラムなのに、日清、日露戦争当時、将校には牛肉が1日1人当たり300グラムも支給されていた。軍隊で重用されたのは、コンビーフや水煮などより米飯のおかずになる大和煮の缶詰で、缶詰になったときだけ「大和煮」という勇ましい名前が付く。これが初めて肉に和風の味付けをした記念すべき国産缶詰第1号である。

 身近なカリスマフードを通して日本の近現代史を見るというユニークな一冊。(春秋社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る