「カリスマフード」畑中三応子著

公開日: 更新日:

 肉と牛乳と米は日本人のカリスマフードである。牛肉は明治政府の富国強兵政策によって導入され、軍隊がいち早く牛肉食を取り入れた。

 明治33年の日本人1人当たりの年間畜肉消費量はわずか912グラムなのに、日清、日露戦争当時、将校には牛肉が1日1人当たり300グラムも支給されていた。軍隊で重用されたのは、コンビーフや水煮などより米飯のおかずになる大和煮の缶詰で、缶詰になったときだけ「大和煮」という勇ましい名前が付く。これが初めて肉に和風の味付けをした記念すべき国産缶詰第1号である。

 身近なカリスマフードを通して日本の近現代史を見るというユニークな一冊。(春秋社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る