• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「セックスと超高齢社会」坂爪真吾著

「超」超高齢者社会の到来も目前。置き去りにされている高齢者の性の問題を直視したリポート。

 1940年代、日本人の平均寿命は50代と生殖可能年齢の終了(閉経)と近く、高齢者の性は問題とはならなかった。しかし、平均寿命が延び、人生の3分の1、約30年間も高齢期として生きる人も増えている。さらに600万人もの高齢者が単身生活を送っているという現実がある。

 高齢者ストーカーの増加などを例に、高齢者が抱える性的孤独の現実を伝える一方、シニア婚活や、シニア専用デリヘルなど高齢者向け性産業の実態、さらに介護福祉の枠内で考えられる性的支援まで。

 高齢者が性的に生きやすい社会をつくるにはどうすればいいか考える。(NHK出版 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る