「セックスと超高齢社会」坂爪真吾著

公開日: 更新日:

「超」超高齢者社会の到来も目前。置き去りにされている高齢者の性の問題を直視したリポート。

 1940年代、日本人の平均寿命は50代と生殖可能年齢の終了(閉経)と近く、高齢者の性は問題とはならなかった。しかし、平均寿命が延び、人生の3分の1、約30年間も高齢期として生きる人も増えている。さらに600万人もの高齢者が単身生活を送っているという現実がある。

 高齢者ストーカーの増加などを例に、高齢者が抱える性的孤独の現実を伝える一方、シニア婚活や、シニア専用デリヘルなど高齢者向け性産業の実態、さらに介護福祉の枠内で考えられる性的支援まで。

 高齢者が性的に生きやすい社会をつくるにはどうすればいいか考える。(NHK出版 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る