【難民問題】 欧州をはじめ世界を揺るがす難民問題に迫る

公開日: 更新日:

「あやつられる難民」米川正子著

 南アの大学に学んだあと、国連ボランティアとして世界の紛争地等で働いた著者。その後、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の職員としてルワンダ、ケニア、コンゴ民主共和国で難民の保護・支援や政策立案に関わった。つまり筋金入りの現場人だ。本書は難民問題に関する入門書だが、著者自身の体験や反省もしばしば語られる。

 たとえばUNHCRは難民支援のためにすぐにキャンプを立ち上げようとするが、本当に正しい対応なのか。キャンプは収容所だが、国際支援のパンフレット類には、まるでリゾートホテルの紹介のような文言や写真が並んで誤解をかきたてる。さらに国連やNGO団体の職員には難民に「上から目線」でしか応対しない者や国際機関における自分のキャリアのために難民を利用する者もいるという。

 自身が内部に身を置いた著者であり、過去の仕事に対しても自己批判を絶やさない。「私は国際社会が大嫌いだ」と書いた元難民もいる現実。「かわいそう」と表面的な同情だけではすまない過酷な世界の現実を見据えるのに役立つ。著者は現在、立教大学特任准教授として若い世代の指導に当たる。(筑摩書房 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る