白石あづさ
著者のコラム一覧
白石あづさ

日本大学芸術学部卒。地域紙の記者を経て約3年間の世界放浪へと旅立つ。現在はフリーライターとして旅行雑誌などに執筆。著書に「世界のへんな肉」「世界のへんなおじさん」など。

傘貸し業から蝋燭番までユニークな職業が満載

公開日:

「十三世紀のハローワーク」グレゴリウス山田著 一迅社 2700円+税

 アマゾン川を小船で下っていたら、2メートルものワニを抱えたおじさんが森の中から突然現れ、「抱っこする?」と聞いてきた。ガイドが「ワニ貸し業だよ。船が通るのを待っているのさ」という。ワニは肥えていたから、意外と儲かっているのかもしれない。 

 世界にはさまざまな仕事があるが、古代から近代まで欧米を中心とした職業をイラストとともに紹介している本書が実に興味深い。

 例えば日焼けを恐れるパリ市民に、遮蔽物のない橋のたもとで日傘を貸す“傘貸し業”や、密輸コーヒーを楽しむドイツ市民を摘発する取締官“コーヒー嗅ぎ”、蝋燭の芯を切って明かりを長く持たせる“蝋燭番”など、教科書には載っていないユニークな職業が満載だ。

 面白いのは、鯨に関する仕事。かつて欧州のバスク人は優秀な銛撃ちとして知られ、当時の人は鯨の油を搾り、肉を食べ、ひげや骨は鯨骨裂き職人によって削られ、貴婦人のバルーンスカートや帽子の形を支えるプラスチックの役割を果たしたという。日本だけではなく、欧州でも鯨を丸ごと利用していたのだ。

 感心すると同時に、当時の職業は社会の暗部も浮き彫りにする。煙突掃除は小さな煙突に入れる貧しい家の子供が雇われたが、病気や事故で死ぬことも多く、戦争に負け奴隷となった人などが従事したガレー船のこぎ手は3年以内に35%が亡くなり、鉱山労働の平均寿命は3カ月というから驚く。

 どんな時代や国、階級に生まれたかによって、職業のラインアップは変わる。今の日本に生まれた私は幸せだが、ひとたび戦争が始まれば一転することも歴史が教えてくれる。オリーブせっけんを作っていたシリアのアレッポの人々は今、どうしているのだろうと心が痛む。ゲームチックなイラストの好き嫌いは分かれるかもしれないが、ただの中世のおもしろ職業紹介に終わらない、深く考えさせられる内容だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る