• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タタールで一番辛い料理 アリーナ・ブロンスキー著、斉藤正幸訳

 ソ連崩壊前の1978年。タタール人のロザリンダは夫と17歳の娘スルフィアとの3人暮らし。そんな大きな娘がいるとは思われないほど若々しく、タタール人としての誇りも強かった。対してスルフィアは幼い頃からのろまで、母から厳しくしつけられていた。そのスルフィアが妊娠していることが判明。父親は分からない。慌てたロザリンダは堕ろさせようとするが失敗し、孫娘のアミナートが生まれる。ここから、平穏だったロザリンダ一家は激しい流れの中に放り込まれていく。

 母の束縛から逃れるため、スルフィアはアミナートを連れて家出するが、ロザリンダは孫を取り戻そうと画策。母と娘の攻防が何度か繰り返された揚げ句、ロザリンダは自由を獲得するべくドイツ行きを決意。ドイツへ移った一家には、さらなる困難が……。

 著者はアミナートと同じく、78年にエカテリンブルクに生まれる。自らの家族史を軸に、歴史の変転の中、タタール人女性のたくましく生きる姿を描いた、現代ドイツの注目作。(幻冬舎メディアコンサルティング 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る