タタールで一番辛い料理 アリーナ・ブロンスキー著、斉藤正幸訳

公開日: 更新日:

 ソ連崩壊前の1978年。タタール人のロザリンダは夫と17歳の娘スルフィアとの3人暮らし。そんな大きな娘がいるとは思われないほど若々しく、タタール人としての誇りも強かった。対してスルフィアは幼い頃からのろまで、母から厳しくしつけられていた。そのスルフィアが妊娠していることが判明。父親は分からない。慌てたロザリンダは堕ろさせようとするが失敗し、孫娘のアミナートが生まれる。ここから、平穏だったロザリンダ一家は激しい流れの中に放り込まれていく。

 母の束縛から逃れるため、スルフィアはアミナートを連れて家出するが、ロザリンダは孫を取り戻そうと画策。母と娘の攻防が何度か繰り返された揚げ句、ロザリンダは自由を獲得するべくドイツ行きを決意。ドイツへ移った一家には、さらなる困難が……。

 著者はアミナートと同じく、78年にエカテリンブルクに生まれる。自らの家族史を軸に、歴史の変転の中、タタール人女性のたくましく生きる姿を描いた、現代ドイツの注目作。(幻冬舎メディアコンサルティング 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る