タタールで一番辛い料理 アリーナ・ブロンスキー著、斉藤正幸訳

公開日: 更新日:

 ソ連崩壊前の1978年。タタール人のロザリンダは夫と17歳の娘スルフィアとの3人暮らし。そんな大きな娘がいるとは思われないほど若々しく、タタール人としての誇りも強かった。対してスルフィアは幼い頃からのろまで、母から厳しくしつけられていた。そのスルフィアが妊娠していることが判明。父親は分からない。慌てたロザリンダは堕ろさせようとするが失敗し、孫娘のアミナートが生まれる。ここから、平穏だったロザリンダ一家は激しい流れの中に放り込まれていく。

 母の束縛から逃れるため、スルフィアはアミナートを連れて家出するが、ロザリンダは孫を取り戻そうと画策。母と娘の攻防が何度か繰り返された揚げ句、ロザリンダは自由を獲得するべくドイツ行きを決意。ドイツへ移った一家には、さらなる困難が……。

 著者はアミナートと同じく、78年にエカテリンブルクに生まれる。自らの家族史を軸に、歴史の変転の中、タタール人女性のたくましく生きる姿を描いた、現代ドイツの注目作。(幻冬舎メディアコンサルティング 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る