• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界を吹き荒れる大衆扇動の嵐 「ポピュリズム」とは何か

「ポピュリズムと欧州動乱」国末憲人著

 先日の仏大統領選ではダークホースの独立系候補マクロンが勝利を収めたが、対抗馬となったマリーヌ・ルペン率いる国民戦線は、なんとこれが大統領選の決選投票まで進出した2回目だった。最終的な得票率は少なかったとはいえ、これは驚くべき事態だ。

 国民戦線の1回目の決選投票は2002年、当時人気低迷中だったシラク大統領との一騎打ちだった。このときも獲得した16.86%はあくまで低いものだったが、この数字の陰には欧州各国で着実に進行するポピュリズムの拡大があり、その世界的トレンドを象徴する出来事として見られたがゆえの大ショックだったのである。したがって今回のマリーヌの「健闘」はさらに明白な意味を持つ。

 本書の著者は朝日新聞で長年パリ支局に勤務したフランス通。その情報力を生かし、ルペン一家の経歴や姻戚関係までを細かく紹介し、フランスでは常識となっている国民戦線の姿をわかりやすく紹介している。(講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る