• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界を吹き荒れる大衆扇動の嵐 「ポピュリズム」とは何か

「ポピュリズムと欧州動乱」国末憲人著

 先日の仏大統領選ではダークホースの独立系候補マクロンが勝利を収めたが、対抗馬となったマリーヌ・ルペン率いる国民戦線は、なんとこれが大統領選の決選投票まで進出した2回目だった。最終的な得票率は少なかったとはいえ、これは驚くべき事態だ。

 国民戦線の1回目の決選投票は2002年、当時人気低迷中だったシラク大統領との一騎打ちだった。このときも獲得した16.86%はあくまで低いものだったが、この数字の陰には欧州各国で着実に進行するポピュリズムの拡大があり、その世界的トレンドを象徴する出来事として見られたがゆえの大ショックだったのである。したがって今回のマリーヌの「健闘」はさらに明白な意味を持つ。

 本書の著者は朝日新聞で長年パリ支局に勤務したフランス通。その情報力を生かし、ルペン一家の経歴や姻戚関係までを細かく紹介し、フランスでは常識となっている国民戦線の姿をわかりやすく紹介している。(講談社 860円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る