• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「欠歯生活」北尾トロ著

 約15年前のある日、妻と家で食事をしていて、オムレツの一切れを口に入れたとき、噛んだ右側のアゴが急に軽くなったような気がした。なんということか、1992年に七十数万円をかけて入れたインプラントの奥歯が折れていたのだ。

 慌ててそのインプラント治療をしてくれた歯医者に駆け込んだら、「あっ、折れてますね」と平然と言われ、「10年間は保証すると言ってたけど、まさか、保証期間が過ぎてすぐに壊れるとは」と釈然としない思いのまま、赤坂にあるそのクリニックの本店に行くと、そこでもまたインプラを勧められた。費用は5本で350万円なり。

 ここから、著者の医者探しの放浪の旅が始まった。そして最後に出合ったジルコニアフレームという新技術とは何だったのか。涙と笑いの欠歯ノンフィクションである。(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る