「欠歯生活」北尾トロ著

公開日:

 約15年前のある日、妻と家で食事をしていて、オムレツの一切れを口に入れたとき、噛んだ右側のアゴが急に軽くなったような気がした。なんということか、1992年に七十数万円をかけて入れたインプラントの奥歯が折れていたのだ。

 慌ててそのインプラント治療をしてくれた歯医者に駆け込んだら、「あっ、折れてますね」と平然と言われ、「10年間は保証すると言ってたけど、まさか、保証期間が過ぎてすぐに壊れるとは」と釈然としない思いのまま、赤坂にあるそのクリニックの本店に行くと、そこでもまたインプラを勧められた。費用は5本で350万円なり。

 ここから、著者の医者探しの放浪の旅が始まった。そして最後に出合ったジルコニアフレームという新技術とは何だったのか。涙と笑いの欠歯ノンフィクションである。(文藝春秋 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る