• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理想の肉体美の女性と図書館で同棲

「愛のゆくえ」リチャード・ブローティガン著、木日出夫訳 ハヤカワepi文庫 760円+税

【話題】誰も本を調べには来ないし、誰も本を読みには来ない――そんな風変わりな図書館を舞台にしたのが、ブローティガンの小説の中で最も長い(といっても、文庫版で240ページほどだが)この作品である。

【あらすじ】サンフランシスコにあるこの図書館は通常の図書館ではなく、自分が書いた本をこの図書館に持ち込み、図書館明細元帳に登録した上で、棚におさめるという役割を果たしている。

 主人公の31歳の「わたし」は35人目か36人目かの図書館員で、この3年間、図書館の外へ一歩も出ずに24時間、ひたすら本を受け付けている。持ち込まれる本は実に雑多。5歳の男の子が描いた絵だけの「ぼくの三輪車」、革フェチのオートバイライダーの「革と衣服と人類の歴史」、一度もキスされたことのないような主婦の「彼は夜どおしキスをした」……。

 そうした中、「今世紀の西洋の男が女性はこうあってほしいと願う極限の状態までに発達した」プロポーションを誇る若い女性ヴァイダが本を持ち込んできた。彼女は幼い頃から男という男が自分に触れたがり、そんな自分の肉体を嫌悪して、そのことを書いたのだという。その話を聞くうちに2人は意気投合し、その日から図書館で同棲を始める。そしてヴァイダが妊娠すると、2人にはまだ子供は早いと、堕胎するために、メキシコへ行くことに。3年ぶりに外の世界を目にした「わたし」は図書館には戻らずに……。

【読みどころ】原題は「妊娠中絶――歴史的ロマンス一九六六年」。外へ出た図書館員が遭遇するのは60年代後半の騒然たる混迷の時代だが、その後彼はどう生きたのだろうか。作者のブローティガンは84年に自死を遂げたのだが。〈石〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る