「フォークロアの鍵」川瀬七緒著

公開日: 更新日:

 民俗学の口頭伝承を研究している大学院生の千夏は、文書に残っていない文化を探り出すために、認知症の人の記憶の中にある最後まで残った言葉を聞き出そうと思い立ち、グループホーム「風の里」を訪れた。職員に迷惑がられながらも、話し相手のボランティアのような立場を与えられた千夏が気になったのは、夕暮れ時になると決まってホームから脱走を図ろうとするルリ子という老女。

 ルリ子の口から発せられた「おろんくち」という言葉を手がかりに、彼女の中にある世界を探り始めたのだが……。

「よろずのことに気をつけよ」で第57回江戸川乱歩賞を受賞してデビューし、「法医昆虫学捜査官シリーズ」で大人気の作家による、深層心理の世界をテーマにしたミステリー。

 認知症の人の言葉を聞き出そうと真剣に彼らと向き合う主人公が、ホームの老人たちや調査の良き相棒となる悩みを抱えた高校生・大地を巻き込み、彼らに変化をもたらしていく様子が興味深い。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る