「フォークロアの鍵」川瀬七緒著

公開日: 更新日:

 民俗学の口頭伝承を研究している大学院生の千夏は、文書に残っていない文化を探り出すために、認知症の人の記憶の中にある最後まで残った言葉を聞き出そうと思い立ち、グループホーム「風の里」を訪れた。職員に迷惑がられながらも、話し相手のボランティアのような立場を与えられた千夏が気になったのは、夕暮れ時になると決まってホームから脱走を図ろうとするルリ子という老女。

 ルリ子の口から発せられた「おろんくち」という言葉を手がかりに、彼女の中にある世界を探り始めたのだが……。

「よろずのことに気をつけよ」で第57回江戸川乱歩賞を受賞してデビューし、「法医昆虫学捜査官シリーズ」で大人気の作家による、深層心理の世界をテーマにしたミステリー。

 認知症の人の言葉を聞き出そうと真剣に彼らと向き合う主人公が、ホームの老人たちや調査の良き相棒となる悩みを抱えた高校生・大地を巻き込み、彼らに変化をもたらしていく様子が興味深い。(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る

人気キーワード