「未来へ…」(上・下)新井素子著

公開日:

 2012年1月、多賀内家の一人娘・菜苗が成人式を迎えた。祝いの席で、菜苗から突然、仏壇を出して欲しいと言われた父親の圭一と母親の若葉は絶句する。5歳で亡くなった菜苗の双子の姉・香苗のことは、今まで封印してきたので、菜苗も覚えていないと思っていたのだ。

 2人は一卵性双生児だったが、活発で健康な姉に対して、妹は病弱で毎週のように熱を出すなど、正反対だった。保育園の遠足で交通事故に巻き込まれ、香苗が亡くなったときも、若葉は自宅で菜苗の看病をしていたのだ。言われたまま仏壇を出したその日の夜から、若葉は不思議な夢を見るようになる。

 夢を介して16年前に亡くした娘を救おうと挑む母親を主人公にしたハートフルファンタジー。(角川春樹事務所 各680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る