「未来へ…」(上・下)新井素子著

公開日: 更新日:

 2012年1月、多賀内家の一人娘・菜苗が成人式を迎えた。祝いの席で、菜苗から突然、仏壇を出して欲しいと言われた父親の圭一と母親の若葉は絶句する。5歳で亡くなった菜苗の双子の姉・香苗のことは、今まで封印してきたので、菜苗も覚えていないと思っていたのだ。

 2人は一卵性双生児だったが、活発で健康な姉に対して、妹は病弱で毎週のように熱を出すなど、正反対だった。保育園の遠足で交通事故に巻き込まれ、香苗が亡くなったときも、若葉は自宅で菜苗の看病をしていたのだ。言われたまま仏壇を出したその日の夜から、若葉は不思議な夢を見るようになる。

 夢を介して16年前に亡くした娘を救おうと挑む母親を主人公にしたハートフルファンタジー。(角川春樹事務所 各680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る