「未来へ…」(上・下)新井素子著

公開日: 更新日:

 2012年1月、多賀内家の一人娘・菜苗が成人式を迎えた。祝いの席で、菜苗から突然、仏壇を出して欲しいと言われた父親の圭一と母親の若葉は絶句する。5歳で亡くなった菜苗の双子の姉・香苗のことは、今まで封印してきたので、菜苗も覚えていないと思っていたのだ。

 2人は一卵性双生児だったが、活発で健康な姉に対して、妹は病弱で毎週のように熱を出すなど、正反対だった。保育園の遠足で交通事故に巻き込まれ、香苗が亡くなったときも、若葉は自宅で菜苗の看病をしていたのだ。言われたまま仏壇を出したその日の夜から、若葉は不思議な夢を見るようになる。

 夢を介して16年前に亡くした娘を救おうと挑む母親を主人公にしたハートフルファンタジー。(角川春樹事務所 各680円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る