「犬の報酬」堂場瞬一著

公開日:

 タチ自動車が開発を進めていた自動運転技術の実験車、ABオートが事故を起こした。社員が軽傷を負っただけだが、タチ自動車は警察が事故を外部に公表しないよう手を打った。ところが、東日新聞朝刊に事故の記事が掲載される。社会部遊軍記者の畠中に内部告発者が情報を流したのだ。

 タチ自動車の谷内常務は総務課係長・伊佐美を呼び、情報がどこから漏れたかを探るプロジェクトチームをつくれと命じる。5年前、リコール隠し問題を日本新報にすっぱ抜かれるという事件があったが、伊佐美は情報提供の犯人を捜しだせなかったという過去があった。

 新聞記者、総務のエース、内部告発者、それぞれの正義を描く経済小説。(中央公論新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る