「幻屍症 インビジブル」周木律著

公開日:

 ユタカは、海に囲まれた孤島の孤児院「四水園」で外の世界を知らずに育った。園には6歳から15歳までの男子数百人が暮らしている。園生のいじめに耐えるユタカには、誰にも打ち明けていない秘密があった。人物やモノの卓越した部分が歪んで見えるのだ。絵が上手な友人は指先が、走るのが速い友人は足が、というように。ユタカはこの病気を自ら「幻視症」と名付けていた。

 ある日、ミツルという園生が話しかけてきた。ミツルは自らの存在感をひたすら消して島での生活を送ってきたという。ユタカの能力に気づいていたミツルは、2人で園に伝わる4つの謎「四忌」を解き明かそうと持ちかけてくる。世の中から隔離された孤島の孤児院を舞台にした長編ホラー。(実業之日本社 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る