「幻屍症 インビジブル」周木律著

公開日: 更新日:

 ユタカは、海に囲まれた孤島の孤児院「四水園」で外の世界を知らずに育った。園には6歳から15歳までの男子数百人が暮らしている。園生のいじめに耐えるユタカには、誰にも打ち明けていない秘密があった。人物やモノの卓越した部分が歪んで見えるのだ。絵が上手な友人は指先が、走るのが速い友人は足が、というように。ユタカはこの病気を自ら「幻視症」と名付けていた。

 ある日、ミツルという園生が話しかけてきた。ミツルは自らの存在感をひたすら消して島での生活を送ってきたという。ユタカの能力に気づいていたミツルは、2人で園に伝わる4つの謎「四忌」を解き明かそうと持ちかけてくる。世の中から隔離された孤島の孤児院を舞台にした長編ホラー。(実業之日本社 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  2. 2

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  3. 3

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  4. 4

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  5. 5

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  6. 6

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  7. 7

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    G原監督 オーナー絶賛も“独裁”拍車で「短命政権」の可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る