「古都再見」葉室麟著

公開日:  更新日:

 これまで九州に足場を置いていた著者が、一昨年、京都に仕事場を構えた。本書は、1年4カ月におよぶ京都暮らしについて書かれたエッセー集。

 話題は多岐にわたる。平安神宮の薪能の舞台を眺めながら、亡き山本兼一のことを思い、三条河原町のレトロな喫茶店で「カラマーゾフの兄弟」を読み、ゾシマ長老と法然の死に思いをはせ、地下鉄で見かけた上品な高齢の女性が、いきなりロバート・B・パーカーのハードボイルド小説を読み始めたのに驚かされ、坂本龍馬が潜伏していた酢屋の前を通りかかって、もし龍馬が生きて松平春嶽が明治政府の中枢に席を置いていたらと夢想し、オバマ大統領の広島での演説を聴きながら、アメリカが京都に原爆を落とさなかったのは、モルガン財閥の御曹司と結婚したモルガンお雪が京都に住んでいたからという説を思い出す……。

 京都初心者の初々しく好奇に満ちた視点と手だれの歴史小説家の透徹した目が合わさって絶妙な味を醸し出し、古き都の今と昔へ誘ってくれる。(新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る