北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「明治ガールズ」藤井清美著

公開日: 更新日:

「富岡製糸場で青春を」と副題のついた長編である。さらに帯には「少女たちの青春お仕事奮闘記」とある。これで、だいたいの内容が推察できるが、その副題と帯コピー通りの小説といっていい。

 そこまでわかっていればもう読む必要はない、と思う方もいるかもしれない。しかし内容がわかっていても面白い小説はある。それは、小説がストーリーではないからだ。小説の本質は文章にあるからだ。その真実を、この小説は教えてくれる。

 たとえば、とーんとーん、ととん、という太鼓と鼓の音が響いてくる。足で拍子を取りながら、踊る人たちが近づいてくるのを待つ。これは豊作を願う松代の踊りだ。笠をかぶって踊る人たちの顔が提灯に照らされて陰影を作っている。生暖かい空気を切り裂いて、太鼓の音が響く。笛の音も聞こえてくる。踊りが終わると秋の空気が地面から立ち上ってくる。祭りは賑やかな夏と、静かな秋の境目だ。

 何でもない場面だが、とてもいい場面だ。こういうシーンを読むのが小説を読む喜びの一つなのである。作者の藤井清美は著名な脚本家で本書は小説デビュー作ということだが、その才能に注目したい。

 究極の初恋小説のように見えるけれど、決してそうではなく、新しい時代に生きるヒロインの決意と夢をみずみずしく描いていることもいい。(KADOKAWA 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る