「息子が殺人犯になった」スー・クレボルド著、仁木めぐみ訳

公開日: 更新日:

 1999年4月20日、米国コロラド州のコロンバイン高校で、在校生の2人が銃を乱射し、死者13人、負傷者24人の犠牲者を出し、犯人2人は自殺。この事件は米国内のみならず世界中を震撼させた。本書は加害者生徒の一人の母親による手記である。

 事件発生当日、事件の報を聞き、あろうことか自分の息子が加害者であることを知った著者の驚愕と錯乱。事実を受け入れられず、責任を他に転嫁して自分と息子を正当化しようとあがく……。

 前半は、ある日突然、凶悪犯の母親になってしまった著者の狼狽ぶりが赤裸々につづられていく。後半は、各種の精神医学や犯罪学を援用しながら、事件以前の息子の日常を細かく描き、どうすればもっと早く異常に気づけたのかを分析していく。

 教養もあり理解ある両親に育てられた息子が、なぜ事件を引き起こしたのか。この問題にあえて立ち向かうことが贖罪であり、事件再発を防ぐ一助となる。嵐のような憎悪を向けられながらもそう考えるに至った著者のひたむきな姿に心を打たれる。

 (亜紀書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  9. 9

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  10. 10

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

もっと見る