「安楽病棟」帚木蓬生著

公開日:  更新日:

 看護大学を卒業した女性看護師の城野は、総合病院の三枚川病院に就職。病院が新設した痴呆病棟で働き始める。病棟には、アルツハイマーが進行した81歳の元校長・下野さんや、ぼけてなぜかサーモンしか口にしない高倉さん、87歳の元近衛兵の相良さん、男好きで自分は23歳だと思い込んでいる84歳の長富さんなど40人を収容。城野は、毎日、患者の糞尿にまみれながらも、仕事にやりがいを感じていた。病棟の担当医・香月にそんな仕事ぶりが認められ、患者や看護内容についての報告役を任される。そんな中、痴呆病棟でそれまで元気だった患者が相次いで亡くなる。

 終末期医療の現状をリアルに描きながら進む長編ミステリー。

 (集英社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る