「暮らしのなかのニセ科学」左巻健男著

公開日:  更新日:

 世の中にはびこる科学的根拠のない「ニセ科学」のウソを暴き、警告するサイエンステキスト。

 ニセ科学は、人々の病気への不安心理につけ込み、健康をめぐる分野で特に蔓延している。膵臓がんで亡くなったアップルの創業者スティーブ・ジョブズでさえ、ニセ科学の民間療法を9カ月実践し手遅れになってしまったという。

 なぜ人はニセ科学を信じてしまうのか、そのメカニズムを解説した上で、ジョブズもはまったコーヒー浣腸や、アガリスク、サメ軟骨などのがん治療をはじめ、健康に良いとされる各種の水、ホメオパシー、経皮毒、デトックス、マイナスイオン、EM菌など、健康の他にも暮らしの隅々に忍び込むニセ科学を一刀両断する。

 (平凡社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る