「ねじの回転」ヘンリー・ジェイムズ著、小川高義訳

公開日:  更新日:

 19世紀末に発表されたホラー小説の先駆けともいえる名作の新訳。

「私」はロンドン郊外の屋敷に暮らす兄妹の家庭教師の職を得る。兄妹の両親は既に亡く、2人を引き取った伯父に雇われたのだ。屋敷に到着した私は、家政婦のグロースの話から前任者が若くして死んだことを知る。しかし、死因までは教えてもらえなかった。不安を抱く私だが、兄妹と過ごす日々は楽しく、やりがいに満ちていた。気がかりなのは、兄のマイルズが通う学校の校長から届いた放校処分の通知だった。そんなある日、私は屋敷の敷地内で見たことのない男を見かける。グロースによると、男は兄妹の伯父の世話係だったクイントだと思われるが、クイントも既に死んでいるという。

 (新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る