• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ねじの回転」ヘンリー・ジェイムズ著、小川高義訳

 19世紀末に発表されたホラー小説の先駆けともいえる名作の新訳。

「私」はロンドン郊外の屋敷に暮らす兄妹の家庭教師の職を得る。兄妹の両親は既に亡く、2人を引き取った伯父に雇われたのだ。屋敷に到着した私は、家政婦のグロースの話から前任者が若くして死んだことを知る。しかし、死因までは教えてもらえなかった。不安を抱く私だが、兄妹と過ごす日々は楽しく、やりがいに満ちていた。気がかりなのは、兄のマイルズが通う学校の校長から届いた放校処分の通知だった。そんなある日、私は屋敷の敷地内で見たことのない男を見かける。グロースによると、男は兄妹の伯父の世話係だったクイントだと思われるが、クイントも既に死んでいるという。

 (新潮社 490円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る