• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「裸の巨人」阿久真子著

 サブカルチャーとエロが咲き誇った時代に、やりたい放題やって、成功と破滅を体験した男は、古希を目前にした今、6畳一間に一人で住み、一心不乱に絵を描き、塩むすびのうまさをかみしめている。

 山崎紀雄。AVメーカー宇宙企画やアダルト雑誌の英知出版を経営し、男たちの心をつかむ数々の名作をつくり、莫大な富を築いた。生活ぶりは贅をきわめ、アメリカで「PLAYBOY」を創刊した大富豪にたとえて、「日本のヒュー・へフナー」と呼ばれた。

 エロで稼いだ男は、エロと真剣に向き合った。カメラの前で脱いでくれる美しい女の子を一生懸命に探し、カメラマンに自ら指示を出した。下着は白のシルク。法に触れずにどこまで見せるか、あの手この手を駆使した。美しい肌の色に徹底的にこだわり、色校正に何度もダメ出しをした。その厳密さは、印刷会社の製版技術を高めたとさえいわれている。

 やることが普通ではない。豪邸を建て、別荘をいくつも持ち、億単位の名画を買い集める。自らもピアノを弾くジャズイベントで、舞台上に生きた豚を吊るし、鳥やネズミを放し、揚げ句の果てに警察に通報される。

 雑誌の発禁処分、コンビニからの撤退などが重なって会社が傾くと、絵画や土地を売ってしのぎ、熟女写真集で起死回生を図った。松坂慶子の写真集「さくら伝説」は大ヒット、自ら「奇跡の一冊」ともらす。山崎は、エロの世界に身を置いて、本気で美を追求した。 

 著者は女性向けアダルト動画の脚本も書いているライター。山崎とその同志たちに取材し、エロの制作現場を通して、あの時代を記録した。かつて、こんなにもメチャクチャで、熱くて、自由な時代があったのだ。

(双葉社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る