「裸の巨人」阿久真子著

公開日:  更新日:

 サブカルチャーとエロが咲き誇った時代に、やりたい放題やって、成功と破滅を体験した男は、古希を目前にした今、6畳一間に一人で住み、一心不乱に絵を描き、塩むすびのうまさをかみしめている。

 山崎紀雄。AVメーカー宇宙企画やアダルト雑誌の英知出版を経営し、男たちの心をつかむ数々の名作をつくり、莫大な富を築いた。生活ぶりは贅をきわめ、アメリカで「PLAYBOY」を創刊した大富豪にたとえて、「日本のヒュー・へフナー」と呼ばれた。

 エロで稼いだ男は、エロと真剣に向き合った。カメラの前で脱いでくれる美しい女の子を一生懸命に探し、カメラマンに自ら指示を出した。下着は白のシルク。法に触れずにどこまで見せるか、あの手この手を駆使した。美しい肌の色に徹底的にこだわり、色校正に何度もダメ出しをした。その厳密さは、印刷会社の製版技術を高めたとさえいわれている。

 やることが普通ではない。豪邸を建て、別荘をいくつも持ち、億単位の名画を買い集める。自らもピアノを弾くジャズイベントで、舞台上に生きた豚を吊るし、鳥やネズミを放し、揚げ句の果てに警察に通報される。

 雑誌の発禁処分、コンビニからの撤退などが重なって会社が傾くと、絵画や土地を売ってしのぎ、熟女写真集で起死回生を図った。松坂慶子の写真集「さくら伝説」は大ヒット、自ら「奇跡の一冊」ともらす。山崎は、エロの世界に身を置いて、本気で美を追求した。 

 著者は女性向けアダルト動画の脚本も書いているライター。山崎とその同志たちに取材し、エロの制作現場を通して、あの時代を記録した。かつて、こんなにもメチャクチャで、熱くて、自由な時代があったのだ。

(双葉社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る