「奇妙な遺産」大村友貴美著

公開日:  更新日:

 西洋史を教える大学准教授の村主は、講義の内容に即したコスプレをする自他ともに認める変わり者。教え子の純香は、ニュースでOBの演出家・長谷川が母校の構内にある劇場で変死体で見つかったと知り、村主を訪ねる。

 長谷川は、イングランド女王エリザベス1世を中心とした3部作「ブラッディ・メアリ」「グロリアーナ」「ラスト・クィーン」の上演を控えており、村主はその舞台衣装の監修を手伝っていたという。

 長谷川の死がまだ事故か事件か分からない中、純香は彼が交際中だった主演女優・実歩との別れを悲観して自殺したのではないかという噂を耳にする。(「ブラッディ・ウーマン」)

 変人教授が歴史を駆使して難事件を解き明かす連作ミステリー。

 (光文社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る