「奇妙な遺産」大村友貴美著

公開日: 更新日:

 西洋史を教える大学准教授の村主は、講義の内容に即したコスプレをする自他ともに認める変わり者。教え子の純香は、ニュースでOBの演出家・長谷川が母校の構内にある劇場で変死体で見つかったと知り、村主を訪ねる。

 長谷川は、イングランド女王エリザベス1世を中心とした3部作「ブラッディ・メアリ」「グロリアーナ」「ラスト・クィーン」の上演を控えており、村主はその舞台衣装の監修を手伝っていたという。

 長谷川の死がまだ事故か事件か分からない中、純香は彼が交際中だった主演女優・実歩との別れを悲観して自殺したのではないかという噂を耳にする。(「ブラッディ・ウーマン」)

 変人教授が歴史を駆使して難事件を解き明かす連作ミステリー。

 (光文社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る