• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「奇妙な遺産」大村友貴美著

 西洋史を教える大学准教授の村主は、講義の内容に即したコスプレをする自他ともに認める変わり者。教え子の純香は、ニュースでOBの演出家・長谷川が母校の構内にある劇場で変死体で見つかったと知り、村主を訪ねる。

 長谷川は、イングランド女王エリザベス1世を中心とした3部作「ブラッディ・メアリ」「グロリアーナ」「ラスト・クィーン」の上演を控えており、村主はその舞台衣装の監修を手伝っていたという。

 長谷川の死がまだ事故か事件か分からない中、純香は彼が交際中だった主演女優・実歩との別れを悲観して自殺したのではないかという噂を耳にする。(「ブラッディ・ウーマン」)

 変人教授が歴史を駆使して難事件を解き明かす連作ミステリー。

 (光文社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る