「奇妙な遺産」大村友貴美著

公開日:  更新日:

 西洋史を教える大学准教授の村主は、講義の内容に即したコスプレをする自他ともに認める変わり者。教え子の純香は、ニュースでOBの演出家・長谷川が母校の構内にある劇場で変死体で見つかったと知り、村主を訪ねる。

 長谷川は、イングランド女王エリザベス1世を中心とした3部作「ブラッディ・メアリ」「グロリアーナ」「ラスト・クィーン」の上演を控えており、村主はその舞台衣装の監修を手伝っていたという。

 長谷川の死がまだ事故か事件か分からない中、純香は彼が交際中だった主演女優・実歩との別れを悲観して自殺したのではないかという噂を耳にする。(「ブラッディ・ウーマン」)

 変人教授が歴史を駆使して難事件を解き明かす連作ミステリー。

 (光文社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る