「投資なんか、おやめなさい」荻原博子著

公開日:  更新日:

 世の投資ブームを警告する資産防衛術指南書。

 なぜ、「投資をするな」と呼びかけるのか。日銀の金融政策によって、運用難に陥り、収益が悪化した3大メガバンクをはじめとする多くの金融機関は、投資商品を消費者に買わせる手数料稼ぎでしか生き延びられなくなっているからだという。

 金融庁の試算によると、2025年には全国106の地方銀行の6割が赤字に転落するという。さらに、世界中で行われてきた金融緩和のツケで膨れ上がった負債によって、18年前後から世界的不況に突入する可能性を指摘。人気の「外貨建て生命保険」など、さまざまな投資商品の落とし穴を徹底解説しながら、「投資をしなくては」という呪縛から読者を解き放つ。

 (新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る