「投資なんか、おやめなさい」荻原博子著

公開日:  更新日:

 世の投資ブームを警告する資産防衛術指南書。

 なぜ、「投資をするな」と呼びかけるのか。日銀の金融政策によって、運用難に陥り、収益が悪化した3大メガバンクをはじめとする多くの金融機関は、投資商品を消費者に買わせる手数料稼ぎでしか生き延びられなくなっているからだという。

 金融庁の試算によると、2025年には全国106の地方銀行の6割が赤字に転落するという。さらに、世界中で行われてきた金融緩和のツケで膨れ上がった負債によって、18年前後から世界的不況に突入する可能性を指摘。人気の「外貨建て生命保険」など、さまざまな投資商品の落とし穴を徹底解説しながら、「投資をしなくては」という呪縛から読者を解き放つ。

 (新潮社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る