「謎床」松岡正剛、ドミニク・チェン著

公開日: 更新日:

 ドミニクは早朝、細川幽斎ゆかりの興禅寺に行った。誰もいないモダンな枯れ山水の石庭を15分くらい堪能し、はっと気づいて、自分は何をしているのだろうと思った。そこで自分は、建物の壁面に映像を投影する〈プロジェクションマッピング〉を脳内でやっていたと気づいた。庭園の石と岩の間をゲームのキャラクターとなって飛んでいくことがゲーマーにはできるという。意識がそこに専有されることで、「梵我一如」のように現実から解放される時間を過ごせるのだ。松岡は、それは作庭師が数百年前に仕掛けていたことだと言う。

 編集工学研究所所長とIT界の異才が古今東西、文化の創発力について語る刺激的な対談集。

(晶文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る