「謎床」松岡正剛、ドミニク・チェン著

公開日:  更新日:

 ドミニクは早朝、細川幽斎ゆかりの興禅寺に行った。誰もいないモダンな枯れ山水の石庭を15分くらい堪能し、はっと気づいて、自分は何をしているのだろうと思った。そこで自分は、建物の壁面に映像を投影する〈プロジェクションマッピング〉を脳内でやっていたと気づいた。庭園の石と岩の間をゲームのキャラクターとなって飛んでいくことがゲーマーにはできるという。意識がそこに専有されることで、「梵我一如」のように現実から解放される時間を過ごせるのだ。松岡は、それは作庭師が数百年前に仕掛けていたことだと言う。

 編集工学研究所所長とIT界の異才が古今東西、文化の創発力について語る刺激的な対談集。

(晶文社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  8. 8

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る