「せつないいきもの」竹本健治著

公開日: 更新日:

 高2の類子が、友人らとファミレスで話していると、読唇術ができる拓也が不穏なことを言いだす。数日前に電車の中で犯罪の打ち合わせをしていた女の2人組が、店にいるというのだ。2人の会話から、既に誰かを拉致監禁した様子だという。店を出た2人を尾行すると、新築の高級マンションに入っていった。2人を乗せたエレベーターは、3階と5階、そして10階に停止して動かなくなった。2人は別々の階で降りたのか、さらに途中から乗ってきた人物がいるのか、類子たちは頭を悩ます。類子が恋人で囲碁棋士の智久に相談すると、なぜか智久はエレベーターのメーカーをたずねてくる。(「青い鳥、小鳥」)

 天才囲碁棋士が話を聞いただけで事件を解決する連作ミステリー。

 (光文社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る