「せつないいきもの」竹本健治著

公開日: 更新日:

 高2の類子が、友人らとファミレスで話していると、読唇術ができる拓也が不穏なことを言いだす。数日前に電車の中で犯罪の打ち合わせをしていた女の2人組が、店にいるというのだ。2人の会話から、既に誰かを拉致監禁した様子だという。店を出た2人を尾行すると、新築の高級マンションに入っていった。2人を乗せたエレベーターは、3階と5階、そして10階に停止して動かなくなった。2人は別々の階で降りたのか、さらに途中から乗ってきた人物がいるのか、類子たちは頭を悩ます。類子が恋人で囲碁棋士の智久に相談すると、なぜか智久はエレベーターのメーカーをたずねてくる。(「青い鳥、小鳥」)

 天才囲碁棋士が話を聞いただけで事件を解決する連作ミステリー。

 (光文社 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る

人気キーワード