「どうしても欲しい!」エリン・L・トンプソン著、松本裕訳

公開日:

 マルクス・アグリッパは、自分の使っている温泉の正面に据えるようにと、男性の裸体像「アポクシュオメノス」を寄贈した。ローマの皇帝ティベリウスはこの銅像を特に気に入り、なんと自分の寝室に移してしまった。だが、民衆が劇場で激しい抗議の声を上げたため、返さざるを得なかった。ティベリウスの寝室は窓がなかった可能性が高いから、暗いランプの明かりのゆらめきで、銅像はより魅力的に見えたかもしれない。ティベリウスは引退後はカプリ島で美少年をはべらせて暮らしたという。

 美術犯罪の研究者が、美術品に魅せられて収集したり、盗んだり、贋作を作ったりした悪名高い美術愛好家たちの闇の歴史を掘り下げる。

(河出書房新社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る