「どうしても欲しい!」エリン・L・トンプソン著、松本裕訳

公開日: 更新日:

 マルクス・アグリッパは、自分の使っている温泉の正面に据えるようにと、男性の裸体像「アポクシュオメノス」を寄贈した。ローマの皇帝ティベリウスはこの銅像を特に気に入り、なんと自分の寝室に移してしまった。だが、民衆が劇場で激しい抗議の声を上げたため、返さざるを得なかった。ティベリウスの寝室は窓がなかった可能性が高いから、暗いランプの明かりのゆらめきで、銅像はより魅力的に見えたかもしれない。ティベリウスは引退後はカプリ島で美少年をはべらせて暮らしたという。

 美術犯罪の研究者が、美術品に魅せられて収集したり、盗んだり、贋作を作ったりした悪名高い美術愛好家たちの闇の歴史を掘り下げる。

(河出書房新社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る