「どうしても欲しい!」エリン・L・トンプソン著、松本裕訳

公開日: 更新日:

 マルクス・アグリッパは、自分の使っている温泉の正面に据えるようにと、男性の裸体像「アポクシュオメノス」を寄贈した。ローマの皇帝ティベリウスはこの銅像を特に気に入り、なんと自分の寝室に移してしまった。だが、民衆が劇場で激しい抗議の声を上げたため、返さざるを得なかった。ティベリウスの寝室は窓がなかった可能性が高いから、暗いランプの明かりのゆらめきで、銅像はより魅力的に見えたかもしれない。ティベリウスは引退後はカプリ島で美少年をはべらせて暮らしたという。

 美術犯罪の研究者が、美術品に魅せられて収集したり、盗んだり、贋作を作ったりした悪名高い美術愛好家たちの闇の歴史を掘り下げる。

(河出書房新社 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  8. 8

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード