「中国はなぜ軍拡を続けるのか」阿南友亮著

公開日: 更新日:

 現在、中国の国防費の総額は米国に次いで世界第2位の規模にある。その軍事力を背景にした東シナ海や南シナ海での海洋権益の拡大は日本などの近隣諸国や米欧諸国に脅威を与えている。本書は中国が軍拡を推進するに至った政治的背景と経緯、軍拡の諸問題、そして軍拡の日中関係への影響について論じたもの。

 重要なのは、中国の軍隊=人民解放軍は実質的にも制度的にも共産党直属の軍隊で、国家に属するものではないということで、これが問題を解く鍵ともなる。

 端的に言えば、軍拡の要因は共産党をめぐる内憂外患にある。「内憂」は圧倒的な貧富の拡大により生じる党中央への不満で、それを軍事力で抑え付け、不満の矛先を排外的なナショナリズムの発揚で外に向けさせる。排外的プロパガンダがアジア・太平洋地域の緊張を高め、結果的に「外患」を招く――というジレンマに陥っているのが中国の現状だ。

 この軍拡路線を継続する方向の習近平の権力強化が明確になった今、必読の書。

(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る