「中国はなぜ軍拡を続けるのか」阿南友亮著

公開日:  更新日:

 現在、中国の国防費の総額は米国に次いで世界第2位の規模にある。その軍事力を背景にした東シナ海や南シナ海での海洋権益の拡大は日本などの近隣諸国や米欧諸国に脅威を与えている。本書は中国が軍拡を推進するに至った政治的背景と経緯、軍拡の諸問題、そして軍拡の日中関係への影響について論じたもの。

 重要なのは、中国の軍隊=人民解放軍は実質的にも制度的にも共産党直属の軍隊で、国家に属するものではないということで、これが問題を解く鍵ともなる。

 端的に言えば、軍拡の要因は共産党をめぐる内憂外患にある。「内憂」は圧倒的な貧富の拡大により生じる党中央への不満で、それを軍事力で抑え付け、不満の矛先を排外的なナショナリズムの発揚で外に向けさせる。排外的プロパガンダがアジア・太平洋地域の緊張を高め、結果的に「外患」を招く――というジレンマに陥っているのが中国の現状だ。

 この軍拡路線を継続する方向の習近平の権力強化が明確になった今、必読の書。

(新潮社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る